FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

splineの軌跡1

58810198506b2ca453a1608e3e1319c5.jpg






Splineの初めての大会で

K1と組むのは去年のMistralの時以来

DahLIAとdelaveはVaultから続けて

斧君は何度かユーザー主催の大会は一緒に出てるけど公式大会で一緒に出るのは初めてじゃないかな。

先々月VaultでSeason1にでてHollowMellowに負けて

自分も4月から新しい環境に身を置くことになり、FPSを昔みたいに本格的に活動することができなくなって、夜に軽く遊ぶくらいの気持ちでチームを作って遊ぼうぜーってことで斧君に声かけて、K1に声かけてdelaveに声かけて、DahLIAは4月から忙しくなるとのことでなかなか返事がもらえなかったのだけれど、メンバーのうっとおしいくらいのラブコールのせいなのかなんなのか、なんとか参加の意思表示までこぎつけSplineは活動を始めました。

日本のCF界初の2人のAwperっていう試みで、最初は戦い方の模索から始めました。

K1はガンガン攻めるタイプのスナイパーで

delaveは守りタイプのスナイパーで

どっちも強いんだけどタイプは両極端で最初は噛み合わなかったこと噛み合わなかったこと:(

ダリアの持ってるセンスをいかに生かすか

斧君の突破力をいかに生かすか

ある程度こんな感じだろうなってイメージは合ったんだけど、そううまくは問屋はおろしてくれず

トライ&エラーの繰り返しで、勝った時の良かったところ、負けた時の良かったところをメモして

自分たちに合った戦い方を模索していきました。



そんなこんな結成2週間足らずで大会予選も始まりました。

Splineが真っ先に直面した問題はすべてのMAPを攻略する時間がないということでした。

一回戦から参加すると全部で8つものMAPを攻略しないといけない。

力をいれるMAP、力をいれないMAPに仕分けして練習しました。

その判断が裏目にでたのがPORTで、前半5-2で取るも後半は一転、0-4まで取られあと1本取られたら負ける!というところまで行ったのですが、そこから5本連続で取ってなんとか勝利をもぎ取る場面もあったりとやはり安定性には欠けていました。

そしてオンライン本戦トーナメントを無事に突破して5月4日の秋葉原ベルサールへの切符をつかみ取りました。

つづく

kasumi:D

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。