スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム遠征3

前回
V4.jpg


路地裏の暗闇の中、ライト一個でみんなで仲良くワイワイご飯を食べていると、1台のバンが来てハイビームで私たちの視界を奪う。

数秒後、1人の小柄な軍服を着た男が降りてきて(police?)、舐めまわすように俺たちを見ていく。ベトナム語で何を言ってるか分からなかったけど、多分、軍服「もう遅いから早く店を閉めろ。あまり騒ぐな。」的な事をいってたと思う。それはそれはやばい雰囲気で、直感がこの軍服はやばいって警鐘を鳴らしまくってるわけです。

店主が多分「すみません。もう閉めます」的なことを軍服に言ってライトを消す。路地裏で真っ暗で全ての視界を奪われる。
KangとGeniusのマネージャーが、喋るな。静かにしてれば大丈夫。とかいうわけですよ。


何が起こってるか分からないから、そりゃあもう、先の展開が走馬灯のように浮かんでくるわけですよ。
捕まったらどうしようとか、拘留されたらどうしようとか、ネットゲームをやるのを2200までとかっていう法律が通っちゃう国で、社会主義国家で、何より、海外に行くのは自己責任とはいえ未成年のダリアとdelaveを親御さんから預かってきてるわけで、お兄ちゃんには責任があるわけですよ。
そりゃあ何かあったら、連れてった俺の責任で、もし彼らの身に何かあったらって考えると、心臓バクバクでした。

まあ、店主が握らせたかどうかはわからないにしても、店主と軍服が話し合って、早めに帰れよ的なことをいって去って行きました。

んでもってテーブルととか椅子とか食器とかの大移動。

同じ場所でやってるのがまずいらしくて、移動。

その後チ-ムマネージメントについて歓談してました。

そんなこんな次は、ジーニアスゲーミングがプロゲーミングチームとして、どうチームをマネージメントしているか。を書いていこうと思います。
スポンサーサイト

ベトナム遠征記2

前回の続き:D

V1.jpg
バスタクシーで移動中の車内:D

ホテルに着いてチェックインしようとするものの、あれ?なんかホテル名ちがくね?
みんなでうん。違う。違う。

ホテルのフロントマンさんは英語が通じなかったのでKangにその旨を伝えて、自分たちの泊るホテルはどこにあるのかきいてもらったら、そのホテルをでて30Mくらいの所でした。

チェックインして、荷物置いて部屋出ようとしたら鍵のかけ方がわからなくて、四苦八苦。部屋の中で先に鍵をまわしてドアノブをまわしながらしめるというやり方でしかかからなかった。案の定というか、ダリア、delave、yamatonの三人組も四苦八苦しててドヤ顔で俺とyukishiroさんは鍵をかけてあげたんだ:D

V2.png
記念撮影:D

よくよく考えたら、コミュニケートできるのが俺とKangとGenius Gamingのマネージャー2人なんだけど、何故だかわからないけどなんとかなったよなー。ノリでなんとかするのと、同じゲーマーだから共通の話題あるし、言葉なんて通じなくても伝えようとする意志があればなんとかなるんだよなー。

もう夜遅いし(ベトナムは夜遅く出歩いているとPoliceに職質されてめんどくさいらしい。)ご飯食べ行こうってなって、外に出るともう周りの店全部閉まってて、どこで食べるんだよ(笑って思ってたら路地裏に連れてかれて・・・
V3.jpg
ぶれまくってる。

こんな感じの出店があって、どんな料理が出てくるのかなーって思ってたら、
V4.jpg

普通に美味かった。これ何の肉?って聞いたら、羊とか牛とか色々だよ!色って・・・おーいって感じだけど、気にしたら負けだなって。

またしてもここで事件勃発(これはまじでやばかった)

続く。

ベトナムレポート

3パート位に分けて・・・

1299228004333.jpg


※いつものごとく俺は撮影者なのでうつってないです。

3月の3日~6日までちょっくら友達に会いに&Vaultのスキルアップにベトナムのハノイに行ってきました。

成田空港を夕方発のハノイ ノイバイ空港2200到着。
フライト時間は6時間。
航空会社はJALです。JALです!

いつも遠征のときは向こうの主催者がチケットを用意してもらえるのですが、Air Chinaとか大韓航空とかアシアナ航空とかで、Air Chinaは離陸の時にふらふらして、かなりの回数、飛行機に乗ってるけど、初めて落ちるんじゃないかって思ったし、機内食も僕には合わない。大韓航空は客室乗務員の方にビール掛けられるし(片付けてるときに乗務員さんがひっかけただけなんだけど・・・)アシアナ航空はとくにないけど:D

JALのなにがいいってめっちゃサービスいい!
ANAよりも全然凄いんだよ!
DELTAのマッチョな客室乗務員さんとかじゃなくて、綺麗なお姉・・・(ゲフンゲフンッ!

機長の挨拶もカッコいいし。

親切だし、ニコニコだし:D

ご飯の下にホットプレートみたいなの敷かれてて、いつまでもあったかいんだよ!
マンゴープリン美味しいし、サラダも美味しくて美味しい!って感じだった。

中国遠征の帰りの機内で出てきたChinese foodの臭いのきつさは未だに忘れない。
もう、くさくてくさくて、お腹ぺっこぺこだっけれど、食べれなかった。
日本に帰ってきてご飯を涙流しながら美味い!美味い!って食べたんだ。



そんなこんなビール美味い!してると乱気流の近くを通るのでずーっと、ベルト着用サインが点灯。

めっちゃ揺れる。

トイレいけねえ・・。

ビール飲んだからトイレ行きたくなるジャン。

機長があと30分くらいっていうから25分くらいまで我慢してああ!あと5分!チョーぜつ我慢してて、俺だけ時間の流れが遅くなってるんじゃないかと思うほど我慢して、おしっ!そろそろだ!

って思ってたら、あと20分くらい座席に座ってろの放送(ホントは丁寧に放送してくれた)。

でも立てないから、我慢したんだ。

それはそれは我慢したんだ。揺れからの刺激にさらさないように姿勢を変え姿勢を変え。

やっとベルトサインが消えて、だれよりも早く反応して、誰よりも早く幸福のドアへ。

機内でビールなんてのむもんじゃねえ・・・。

ハノイには定刻より10分遅れて到着。

入国審査の所でみんな軍服着てて、ああ、社会主義国家なんだなーって。

機内でベトナム語の本であいさつの仕方を学ぶも、目上の人、女性と男性で使い分けたり結構複雑でうーん・・・って感じだった。

んでもって荷物は貨物機がきりの影響で遅れてるから出てこないし、アナウンスの英語もすげえべトナムなまりで全然聞き取れなくて困った。

でも、荷物待ってるときに出口のほう見たらKangとかGenius Gamingメンバー8人が迎えに来てくれてるのがわかって、幸せだった。




Kangイケメン:D



1人2000円ずつ出して、両替所で1万円両替して、250万ドン位貰ったらそんなに両替したの?!ってGeniusのマネージャーに言われて、あまったとしてもこのあと何回も来るから大丈夫だよ。って:D

でもホントに物価は安かった。


ノイバイ空港
s-DSC_0160s.jpg



15人くらい乗れて荷物もトランクケース5個載せれるくらいのバスタクシーみたいなの借りて、所要時間がノイバイ空港からハノイ市内まで1時間半で全部こみこみで1500円。

安っ!

一人当たり、約100円。でも、向こうの人からしたら、一人当たり1000円くらいの感覚なのかな?

物によってかなりの差があるのですが大体1/10くらいの物価です。

でもビールは凄く安くて、2000ドン一杯14円くらい。(レストランとかだともっと取られるかも)

BusTaxiでホテルに連れて行ってもらうも・・・

そこで大事件が!

続く。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。